渋谷系の思いで

2019年03月15日 12時15分 - 森薫

CDを買いました。『野宮真貴 渋谷系ソングブック』です。

ここ5年程所謂渋谷系ソングのカヴァーアルバムをリリースしていたそうで
去年の秋に発売されたこのアルバムはシリーズのベストにあたります。

ピチカートファイヴの解散後、最近の活動は全然チェックしていなかったのですが
収録されていた『双子姉妹の歌』のカヴァーがどうしても聞きたくて購入しました。

シリーズの中には他にも聞きたい曲があったのですが、お財布事情と相談してとりあえず
ベスト盤を買いました。

ピチカートファイヴの解散が2001年、渋谷系が流行ったのが90年代。
10年一昔といいますが、もうそれ以上なんですね~。

野宮真貴を聞きだしたのはまだ10代の頃でした。高校の時に先輩から貰った
戸川純の『好き好き大好き』が森の音楽の趣味のルーツなんですが、
初期の戸川純はハルメンズのカヴァーをしてて、そのハルメンズでコーラスを担当したのが野宮真貴だったんですね。

そこから運良くソロアルバムが再販されてたので購入、その後ピチカートファイヴに移籍してたのを知ってそのまま聞き始めた、みたいな感じだったかな~。

ピチカートのアルバム『ボサノヴァ2001』のプロデューサーが小山田圭吾で今度はそこからコーネリアスとフリッパーズギター聴き始めて、、、とかね。
今度はトラットリアのレーベルまたいでカヒミカリィとかブリッジとかカジヒデキとかも聴いたり・・・。

渋谷系、なんかまた聴きたくなってきました。

追伸:ブログ作成にあたって色々検索してたら、ハルメンズやパール兄弟が活動再開してたり、ブリッジも2017年に一夜限りで再結成してたり、知らない事ばかりでした。